その時のために、遺言について知っておこう。

未分類

偽造や変造を防止するための手続

No Image

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言と秘密証書遺言については、遺言者の死後ただちに家庭裁判所へ検認の手続きを申請しなければなりません。この検認の手続きは、遺言書の存在と内容を明らかにするものである…

>> 続きを読む

遺言者の死亡後家庭裁判所に提出

お金09

2014.4.9|未分類

公正証書遺言以外の遺言書を保管している人又は見つけた相続人は、家庭裁判所に検認申立の手続きをした上、後日、遺言書を提出しなければなりません。 これは、相続人全員の立ち会い…

>> 続きを読む

遺言の検認とは

No Image

2014.4.9|未分類

「遺言の検認」は、遺言書の存在を相続人などの利害関係者に確認させることと、遺言書の内容を明確にして偽造や変造を防止することを目的として行う手続きで、民法に規定があります。 …

>> 続きを読む

開封のやり方

No Image

2014.4.9|未分類

誰かが亡くなった場合、死亡届の提出後、遺言書が有るか否かを確認する必要が有ります。 たとえ遺産分割協議が進んでいたとしても、その途中で遺言書が見つかった場合には始めからやり…

>> 続きを読む

発見したらまずどうするか

No Image

2014.4.9|未分類

家族が亡くなったあと遺言書を発見した場合、勝手に中身を見てはいけません。もしその遺言書に封がされていて勝手に開封すると、民法1005条にのっとって最高五万円以下の罰金が科せ…

>> 続きを読む

遺言書を発見した場合の手続・注意点

No Image

2014.4.9|未分類

被相続人の自筆の遺言書を発見した場合の注意点は、その時点で勝手に開封しないということです。自筆遺言の場合は、家庭裁判所において遺言検認手続を受ける必要があります。 家庭裁…

>> 続きを読む

保管は専門家に

お金05

2014.4.9|未分類

自筆証書遺言は、遺言を作成した事実やその内容について、誰にも知られずに遺言者が一人で作成するできる点が最大のメリットとなっていますが、その一方で、遺言書を紛失してしまったり…

>> 続きを読む

遺言を秘密にしたい場合

お金03

2014.4.9|未分類

遺言書を内密にしておきたい場合には、秘密証書遺言と言う方法があります。 これは内容は公にせずに、遺言書があることを証明してもらう遺言です。この遺言は、まず自分で作成した遺…

>> 続きを読む

自筆証書遺言の保管方法について

No Image

2014.4.9|未分類

公正証書遺言の場合、原本は公証役場で長期間にわたって厳重に保管されます。しかし、自筆証書遺言の場合は原本を遺言者本人が自分で保管をしなければなりません。ここで問題になるのは…

>> 続きを読む

1