保管は専門家に

2014.4.9|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

お金04

自筆証書遺言は、遺言を作成した事実やその内容について、誰にも知られずに遺言者が一人で作成するできる点が最大のメリットとなっていますが、その一方で、遺言書を紛失してしまったり、死後に遺言書が発見されないまま相続手続きが行われてしまったり、発見者によって変造されてしまうといった可能性もあり、そうした点は自筆証書遺言のデメリットとなっています。

自筆証書遺言を作成した場合、こうしたデメリットについて考慮した上で遺言書の管理方法を決める必要があります。
銀行などで貸金庫を開設し、そこで遺言書を管理するというのも方法の一つですが、この場合、内容が変造されるなどのリスクはないものの、死後に貸金庫を開扉する際には相続人全員が立ち会う必要があるなど、煩雑な手続きが必要となるデメリットがあります。
また、貸金庫を開設している事実が相続人に知られていない場合、開扉が行われないまま相続手続きが行われてしまう可能性もあります。
遺言書を家族や友人などの第三者に預け、相続が行われるまで管理してもらうというのも一つの方法ですが、この方法は法律上は問題はないものの、内容を変造されてしまったり、預けた人が亡くなってしまうといったリスクがあるため、預ける相手についてはよく考えて決定しなければなりません。
最も確実なのは、弁護士などの法律の専門家に保管を依頼する方法です。
弁護士などの専門家は業務を行う上で守秘義務が課せられており、遺言書の存在やその内容について秘密にしておくことができるほか、作成時には専門家の立場からアドバイスを受けることもできるなど、さまざまなメリットがあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。